事例 File No.68

CaseList

家族がゆったり過ごせて生活しやすいわが家を実現

家族がゆったり過ごせて生活しやすいわが家

リフォームのポイント

【リビング・ダイニング】
既存LDと和室を一体にして、広いLDに変更。ダイニングには壁面いっぱいの収納をつけた。

【キッチン】
ワークトップが狭く、収納も少なかったセミオープンのキッチンは向きを変えた。2列に分け、通路がそのままダイニングに続く造り。

【子供部屋】
娘さんのご希望を生かして内装を一新。ナチュラルな白い部屋になった。窓はインナーサッシを取り付け、冬の結露や夏の暑さも解消。

【浴室】
和室の押入れを取り去り、浴室の向きを変えて移動。その分、洗面室を広げて、収納スペースも増やした。

【ウォークインククロゼット】
家族全員で使うウォークインクロゼットを新設。

【玄関】
靴脱ぎ場は長さを倍に延ばし、ベンチもつけた。壁には大容量の収納を設置。

リフォーム写真ギャラリー

  • リビング 和室だった場所は、ダイニングと一体のたっぷりとしたリビングに。念願だった大きなソファも置けて、家族皆でのんびりくつろげる。
  • キッチン 奥さまの身長に合わせ、壁付け側は調理がしやすい85㎝、シンク側は洗い物や包丁などを使う作業がしやすい90㎝の高さ。2つに分けたことで収納も増やせた。
  • 寝室 子ども部屋はクロスや部材なども娘さん自身で選んだ、ロマンチックな白い空間。ベッド上の壁につけた棚も雑貨などを飾って楽しむ。
  • ウォークインクロゼット 廊下につくったウォークインクロゼットは、左右にハンガーポールと棚、正面にも可動棚を設けて整理しやすい。容量もたっぷり取れた。
  • クローゼット LDK入り口横につくった収納スペースは、家事道具などの定位置。掃除機も入れられるサイズにして、内部にはコンセントもつけた。
  • 吊戸をつけて収納ができるようになった。正面にアクセントクロスを張り、ゆったり落ち着いた空間に。
  • 浴室部分の移動により、広さをとることができたため、収納スペースを増やした。
  • 和室の押入れを取り、そこに浴室を向きを変えて移動。広さを確保することができた。
  • 靴脱ぎ場は長さを倍に延ばした。壁にはベンチ、鏡、大容量の収納を設置。
  • リビング
  • キッチン
  • 寝室
  • ウォークインクロゼット
  • クローゼット

間取り Before/After

  • Before

    リフォーム前間取り
  • After

    リフォーム後間取り

お客さまのご要望

水回り設備の老朽化以外にも、使いにくい間取り、収納の少なさなど悩みがいっぱいでした。
また、どの部屋も狭く、壁に囲まれたキッチンは暗かったです。

プランナーからのコメント

名称未設定-1

越川 真子

ファミリー向けマンションの間取りは、建てたときは万人向け。それを、各家庭の暮らし方に合わせて変えられるのがリフォームの良さです。ご家族の仲が良いKさま宅では、皆で過ごす場所をゆったり取るよう考えました。キッチンも向きを変えることで広くなり、LDとの一体感も出しています。収納は、家族皆で使うウォークインクロゼットがメイン。その他は『使う場所にしまう』をモットーに設計しました。機能的な収納により、どのスペースも広々とすることができました。

お客さまの感想

いつも『エル・リフォーム』誌を見ていたし、マンションと同じグループ会社なので安心。越川さんが提案されたプラン内容はとてもよく、何度もやりとりして細部まで考えてくれました。

リフォームデータ

事例No. 68 建物タイプ マンション
施主 Kさま 家族構成 3人
リフォーム費 940万円(税込) 施工期間 約2.5カ月
築年数 17年 専有面積 約62㎡
リフォーム箇所
  • ■内装フローリング、クロス貼り替え
  • ■水回りキッチン、トイレ、洗面室、ユニットバス
  • ■造作家具リビング収納、洋室収納、寝室収納、子供部屋収納、玄関収納、壁面収納
  • ■その他ウォークインクロゼット