事例 File No.94

CaseList

アンティークにアメリカンなテイストをプラス。各部屋にもそれぞれの個性を

201912_main

リフォームのポイント

住み替えを機にリフォームしたMさま邸。
アンティークの家具や小物、部屋ごとに異なるコンセプトカラー、そして細部までこだわったデザイン。
歴史が醸し出す温かみとアメリカンライクなモダンさが融合したお住まいは、まるでデザイナーズホテルのようです。

「歳を重ねるとともに、住まいにもゆとりが欲しくなって」と語るMさま。より広い住空間を求めて引越し、リフォームされました。

「マンションは、建具や壁紙がありきたりでつまらないですよね。実は、以前の住まいでも壁紙やフローリングをリフォームしたのですが不徹底で。前回実現しなかったことをやりたいと思いました」
思い描いていたのは、部屋ごとにまったく違った色を配した個性的な空間。リビング・ダイニングの壁はイエロー、寝室のアクセントクロスはネイビー、書斎はミントグリーンと遊び心をしのばせました。
念願だった腰壁はグレーを選んで廊下に配し、アンティークモダンな空間に。「トイレにも個性があると楽しい」と明るいブルーの腰壁を取り入れました。

Mさまのもうひとつのこだわりポイントは、リビングから続く客間です。もともと畳の和室だった部屋を、ダークブラウンのフローリングを敷いた小上がりにしました。アンティーク塗装した引き戸を締めれば、お母さまやお子さま、お孫さんが遊びに来たときには独立した寝室に。床下はたっぷりの収納スペースになっていて、重宝しているそう。「子どもが小さいときは効率や便利さ、経済性など生活優先でした。その制約がなくなってデザインという面で見たとき、いいなと思うのはアンティークですね」と少しずつ買い足してきた家具や小物。アンティークの数々がそれぞれ趣の異なる部屋と美しく調和し、唯一無二の雰囲気を醸し出しています。

Mさまのセンスとデザインへのこだわりが詰まったお住まいが実現しました。

部屋の一部を在宅ワークのスペースに >>

リフォーム写真ギャラリー

  • ミントグリーンでまとめられた書斎。机や本棚はイギリスのアンティーク家具。
  • ゆとりあるスペースにしたいと2部屋あった洋室を1室にリフォームして寝室に。アイボリーの壁にアクセントクロスのネイビーが映えます。クローゼットも増設したため、すっきりと片付きインテリアがより魅力的に。
  • ダークブラウンでまとめられた客間はモダンな和室のイメージ。床下には横3本×奥行き2本の引き出しが備えられ収納力抜群。
  • 洗面所には赤いクロスと市松模様の床をチョイスしてスタイリッシュに。水栓もアンティーク水栓に交換。
  • 明るいブルーの腰壁を配したトイレ。床にもブルーが入ったフローリングを。壁に額などを飾っておしゃれに演出。
  • Mさまがどうしても取り入れたかったという腰壁。書斎や寝室のドアも同じグレーにし、丸いドアノブやアメリカンスイッチを選ぶなど細部にまでこだわりが。トイレのドアは内装に合わせてネイビーに。

間取り Before/After

  • Before

  • After

お客さまのご要望

ゆとりのある住まいにリフォームしたい。腰壁を取り入れた住まいに。
リビングから続く畳を、客間として利用できるようにし収納面も充実させたい。

プランナーからのコメント

ota

太田 知子

Mさまは画像など具体的な材料をご提示くださったので、お好みを把握することができました。漠然としたイメージでも、それを形にするお手伝いやアドバイスができればと思います。

お客さまの感想

私のイメージをプランナーさんが理解してくださり、具現化してくれました。
その過程はとても楽しかったです。

リフォームデータ

事例No. 94 建物タイプ マンション
施主 Mさま 家族構成 2人
リフォーム費 648万円(税込) 施工期間 約1.5カ月
築年数 10年 専有面積 90.12㎡
リフォーム箇所
  • ■内装フローリング、クロス貼り替え、タイル
  • ■水回りキッチン、トイレ、洗面室、ユニットバス
  • ■造作家具
  • ■その他可動式吊り扉