事例 File No.142

CaseList

ご夫婦で心地よく過ごせるホテルライクな空間へ

めいん

リフォームのポイント

築29年のマンションに新築時から住まわれていたMさまは、日ごろ、洋室に窓がなく採光がとれないことや、水回り設備の劣化などが気になっていました。お子さまのご結婚を機に、ご夫婦2人で快適に暮らすためのフルリフォームを決意されました。そこで、リビング・ダイニングと以前の和室を一続きにし、洋室は3枚引き戸を採用することでリビング・ダイニングとつながりを持たせたプランをご提案。ご希望だったホテルライクな雰囲気に合わせたインテリアのカラーコーディネートを行うことで、重厚感のあるお部屋になりました。洋室に光が差し込み、ご夫婦が心地よく過ごせるホテルライクなお部屋が完成しました。

【コラム】おウチ時間をステキに彩る ラグジュアリー・リフォーム >>

リフォーム写真ギャラリー

  • 和室をなくしてリビング・ダイニングを広い空間にしました。白を基調とすることで、濃いブラウンのキッチンや、もともとお持ちだった家具が映える、広々とした明るい空間になりました。
  • 洋室は3枚引き戸を採用し開けることでリビング・ダイニングと一続きになり、ベランダからの光が差し込むようになりました。また就寝時には、扉を閉めてプライベートな空間にすることが可能です。
  • ご夫婦の寝室として使用する洋室の収納は、扉を開け閉めする必要がない見せる収納とすることで、ご希望だった大きいベッドを置くことができるようになりました。また、グレーのアクセントクロスにより高級感を演出しました。
  • 以前までお子さまのお部屋として使用していたサービスルームは、フローリング、クロス、建具を一新。ご夫婦の衣類などを収納する納戸にしました。
  • L字型で使いにくかったキッチンを対面式に変更し、食器類をすべて収納できるよう食器棚を造作。キッチンの奥の壁には、配管スペース用のふかし壁を利用した収納棚も新設しました。濃いブラウンのキッチンとレンガ調のアクセントクロスを採用してシックな雰囲気に。
  • 浴室は最新のユニットバスに交換。ご夫婦ともに大切にされている入浴時間をゆったり過ごせるように、寝姿勢で入浴できるタイプの浴槽を採用し、浴室の天井の高さを上げて広々とした空間に。
  • 洗面室は、濃いブラウンの洗面化粧台を採用してホテルライクな雰囲気に。両開きの扉だったキャビネットはスライド式になり、中の物が出し入れしやすくなりました。
  • トイレは最新設備に変更し、クロス、床材を一新しました。
  • 折れ戸で使いにくかった廊下の収納は、一枚扉にして高さを変えられる可動棚にしました。
  • 玄関は収納スペースを増やすために、カウンター付き玄関収納の上に吊戸棚を設けました。

間取り Before/After

  • Before

  • After

お客さまのご要望

・窓のない洋室をベランダからの光が差し込む部屋にしてほしい。
・和室をなくしてリビング・ダイニングを広げたい。
・水回り設備を最新のものにしたい。
・対面キッチンに変更したい。
・収納スペースを確保したい。

プランナーからのコメント

今回、Mさまのリフォームだけでなく、ご結婚を機に同じマンションに住むことになったご家族の住まいの水回り設備を交換するリフォームも並行して進めていました。ご結婚のタイミングに合わせ、ご家族全員が気持ちよく新しい生活をスタートできることを心がけて、施工スケジュールを含め、綿密にプランニングしていきました。奥さまがホテルライクな雰囲気や高級感、重厚感を大切にされていたので、ご希望に沿ったものを選びご提案させていただきました。心地よく過ごしていただけているとのことで、大変うれしく思います。

お客さまの感想

先日夫婦で感想を話し合ってみましたが、ひとつも不満が出ませんでした。プランナーさんのご提案やアドバイスがすべて的確だったのだと思います。間取りやインテリア、使い勝手のよさなどはもちろん、息子の住まいのリフォームと合わせて効率的に進めてくださったおかげで、荷物の移動や引越しが最小限で済んだこともよかったです。レスポンスの速さや迅速な対応といったスピード感があり、プランニングも丁寧で大京のリフォームにお願いして本当に良かったです。

リフォームデータ

事例No. 142 建物タイプ マンション
施主 Mさま 家族構成 2人
リフォーム費 984万円(税込) 施工期間 約2カ月
築年数 29年 専有面積 64.00㎡
リフォーム箇所
  • ■内装フローリング、クロス貼り替え
  • ■水回りキッチン、トイレ、洗面室、ユニットバス
  • ■造作家具洋室収納、廊下収納、玄関収納
  • ■その他