2021.03.26

Column

特集 vol.26『キッチンリフォーム』

vol26_icatch2

「キッチンリフォーム」にはどのようなイメージがありますか?
マンションでよく見かけるキッチンは、スタンダードなものが多いのですが、「もっとこだわりたい」と思っておられる方も多いのでは。
リフォームでは、場所やサイズはそのままに「システムキッチン」を新しいものに入れ替えるケースもあれば、向きや位置・形状まで変えるケース、こだわりを実現するために「オーダーキッチン」を選択するケースもあり、さまざまなご要望にお応えしています。
そこで今回は既製の「システムキッチン」によるリフォームの特徴や活用例を中心に、オーダーでできることなどもご紹介いたします。

●管理規約や構造条件等によりご希望の施工が行えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

1 考え抜かれた「システムキッチン」

「システムキッチン」は、形やサイズ、収納の幅などに制限がありますが、一般的に必要とされる機能は基本プランに網羅されています。各メーカーの技術やセールスポイントの結晶ともいえるものですから、基本プランのままでも機能や使い勝手は充実しています。ある程度ベースのプランが決まっていたほうが、検討しやすいという方にはおすすめです。

  • 1-1
  • 「システムキッチン」の特徴

  • 自由度

    サイズに一定の制限があります。定められたプランやオプションを組み合わせて構成します。

  • 価格

    選ぶシリーズやプランによって幅はありますが、一般的に「オーダーキッチン」より価格は抑えられます。

  • 期間

    カタログから取捨選択していくので、プラン決めは早く済ませられます。納期が短く抑えられるのも特長です。

一般的に「システムキッチン」の場合、カタログ等に掲載されている部位を組み合わせていきます。まずはI型・L型などの全体形状を決め、「収納は?」「取っ手は?」「カラーは?」「水栓は?」と、ご希望に合わせて部位を入れ替えていきます。基本プランの選択でも可能な組み合わせは無数にあります。
  • 1-2
  • シンプルプランを自分好みにアレンジ

  • 「ヨーロッパのホテルのような住まい」をコンセプトにリフォーム。キャビネットの取っ手や水栓は、デザイン性を重視し、とくに気に入ったこだわりの品をカタログ以外からセレクトしました。

  • シンプルなデザインのキッチンですが、木目調の面材や白タイルといったアレンジにより、リビング・ダイニングとの一体感を演出。アクセントクロスが陰影のある奥行きを生み出しています。

  • 1-3
  • オシャレ&ユニークなデザインも豊富

  • 木の風合いを生かした住設機器が得意なメーカーのものなら、無垢材にアクセントとなるブラックフレームを配したデザイナーズのようなキッチンも。

  • スタイリッシュなキッチンを得意とするメーカーもあります。空間のデザインやお好みに合わせて個性的なデザインを選ぶことも可能です。

「システムキッチン」もシンプルなものからデザイン性の高いものまで多種多様です。欲しい機能、実現したい空間デザインなどに合わせて、多彩な選択肢から選ぶことができるので、理想のキッチン空間の実現を手軽にめざすことができます。
2 オンリーワンを望むなら「オーダーキッチン」

「システムキッチン」に対し、「オーダーキッチン」は、「キッチンのすべて」をご希望どおりに叶えるものといえます。つまりサイズ・素材・機能などを思うとおりに造ることができるのです。
例えば「外国製の食洗機を入れる」「ミリ単位でサイズを合わせる」「収納や家具と同じ素材を使う」といったことも可能になります。

  • コンロとシンクを分割した対面式のアイランドⅡ型のレイアウト。天板およびカウンター側面の色を落ち着いたモノトーンに統一したことで、空間デザインや家具などにもマッチしたキッチンに。

  • 最新設備を備えた全幅4m級のオーダーキッチン。ダイニングテーブルも兼ね備え、料理したものをすぐに出せたり、片付けが簡単だったり、お料理時の作業場としても広々と使うことができます。

過去の「キッチン」特集はこちら
  • 特集「キッチン中心の部屋づくり」
  • 特集「使用目的から考えるキッチンの選び方」

「大京のリフォーム」では、これまでの経験を基に、「システムキッチン」、「オーダーキッチン」を問わず、お客さまの理想に少しでも近づくよう、最適なプランをご提案させていただきます。
まずは皆さまのご希望をお聞かせください。

関連するオススメの記事