マンションのフルリフォーム

お客様の願いを叶える「オンリーワンの空間」に ゼロから再構築します。

大京リフォーム・デザインのフルリフォーム

ご家族の数だけライフスタイルがあるように、それぞれの暮らしに寄り添った
間取りやデザインがあるはずです。
出産や子どもの成長、定年といったライフステージの変化に沿って、
それぞれの住まいのかたちが家族には必要です。
「リビングとキッチンを広くしたい」「好みのデザインで統一したい」
「独立した子どもの部屋を活用したい」
住まいに対してそのように抱いている思いや夢を、かなえませんか?

私たちが提案する「フルリフォーム」は、今ある壁や天井・床などにとらわれず、
ゼロから自由な発想で、デザインと間取りを大胆に変えて、
空間全体を大きく再構築することができます。
これまでの住まいが、まったく新しい姿へと生まれ変わるリフォームプランで、
住まいの理想を受け止めてくれる、あなたにあった世界にひとつだけの空間をお届けします。

マンションフルリフォーム事例

Case.01

Case.01風がとおる間取りと、新しい光の差し込む2つの子供部屋東京都 Nさま邸(50歳代)

  • リビング
  • 子供部屋
洗面台

生活用品でいっぱいで、出し入れにストレスを感じていたという収納スペースを、リビング側から使えるように変更。掃除機などが出し入れしやすいように、棚板の位置も工夫しました。
玄関を入ってすぐの廊下にある収納は、スポーツ好きな息子さんたちが外から持ち帰った道具を、すぐにしまえるようにと考えたそうです。

洗面室には、10㎜単位でカスタマイズできる「エルリア」の洗面化粧台を採用。壁との隙間がなくすっきり。脇壁のニッチ収納には、これも奥さまのご希望で鮮やかなブルーのアクセントカラーを入れました。
もともと、バルコニーに面して明るさも眺めもよいバスルームは、扉を透明ガラスに変更。洗面室が明るくなったのはもちろん、暗かったキッチンにも光が届くようになりました。

リフォームのポイント

リフォームデザイナー太田 知子

採光と通風がよくなる小窓もポイント

2LDK+S(サービスルーム)のお住まいに子ども部屋を新しく設けるプラン。壁の曲面と、ガラスブロックの配置はベストなバランスを考えました。採光と通風がよくなる小窓は、リフォームをご検討中の方におすすめです。Nさま邸では、バルコニーから最も遠い寝室でも朝日を感じていただけるようになりました。奥さまは、色づかいや小物のセンスが抜群。私自身、とても勉強になりました。

  • Reform Data
  • 築年数:16年
  • 専有面積:75m²
  • リフォーム工賃:755万円(税抜)
  • 工期:約1カ月
  • 家族構成:4人
  • リフォームの流れ
  • 3月リフォームを考えて3社に相談。
    大京リフォーム・デザインにご依頼
  • 4月~5月プランの検討
  • 6月プランの決定
  • 7月下旬~8月下リフォーム工事
  • 9月下完成・入居

N様に聞く!大京リフォーム・デザインを選んだ理由

設計の段階から、いろいろと無理なお願いをしたと思います。そのたび、「こうもできます、こんな解決法もあります」と複数の提案で応えてくれて、本当に感謝しています。住み心地も満点です!

リフォーム前間取り
リフォーム後間取り
  • 寝室:子ども部屋との欄間に小窓を設置。廊下側の室内ドアにも、採光スリットのあるタイプを。大きめのクロゼットで収納も確保した。
  • 子ども部屋①:納戸にリビングの一部スペースを加えてつくった子ども部屋。
  • 玄関:リビングとの間に透明タイプの室内扉を設けることで、廊下から玄関スペースまでを明るく。
  • リビング・ダイニング:カーテンボックスを取り除き、エアコンの配管もまとめてすっきりと。カーテンは天井際から垂らすことで、縦空間の広がりを演出。
    ビングとの間に透明タイプの室内扉を設けることで、廊下から玄関スペースまでを明るく。
  • 洗面室 :「エルリア」の洗面化粧台を設置。サイズも合わせられて奥さまもご満足。
  • 浴室:扉を変更し、開放的な空間に生まれ変わった浴室。
  • キッチン:リビングとの間の壁を取り払い、キッチンの向きを変えて明るいオープンスタイルに。カウンター収納は、リビング側から電化製品が見えないよう工夫。
Case.02

Case.02素材にこだわったマンションのフルフォーム神奈川県 Oさま邸(30歳代)

リビング・ダイニング
和室

明るく開放感のある室内にする以外にも、Oさまご夫妻にはご希望がありました。ゴロンと寝転がれる和室が欲しいこと。そして趣味のアウトドア用具など、多くの荷物の収納場所を設けること。それを一挙に解決したのが、LDKの一角にある小上がりの和室です。

ここは天井高の障子を閉めれば個室に。今は赤ちゃん用の場所にし、やがては子ども部屋に使う計画です。畳の下は全面が収納。さらに小さな障子を入れた開口部の向こうには寝室にしているもうひとつの和室があり、こちらにも畳下収納と吊り押入れがあります。2つの和室は開口や押入れ下の地窓を通して、共用廊下の窓から風を通す役目も。このアイデアこそご夫妻が最も驚き、感動した部分だったそうです。

この他、室内にはウォークインクロゼットや土間を思わせるシューズクロゼットも新設。「おかげで収納容量も十二分に確保できました」(ご主人)

工事中は、休日に進捗を見に来るたびワクワクしていたと話すお2人。子育ても、これからの新たな楽しみです。

リフォームのポイント

リフォームデザイナー越川 真子

構造梁や配管に考慮しつつ開放感を

無垢の床がご希望だったOさまご夫妻。プランづくりではそこを基本に全体のデザインや素材をまとめています。また、この部屋はパイプスペースや構造梁が大きく、いかに避けて開放感を出すかがカギ。キッチンのコンロの向きや和室間の小さな開口もそうした制約を逆に生かしたものです。トイレも梁を避けて移動し、その分、洗面室を広く取れました。いい結果につながったと思います!

  • Reform Data
  • 築年数:32年
  • 専有面積:60m²
  • リフォーム工賃:約995万円(税抜)
  • 工期:約2カ月半
  • 家族構成:3人
  • リフォームの流れ
  • 11月全面リフォームの検討を
    開始。数社にプランと
    見積もりを依頼
  • 12月~翌年2月各社プランの
    検討
  • 2月大京リフォーム
    デザインに決定、
    ご契約
  • 2~3月細部の検討
  • 3~5月リフォーム工事
  • 6月初旬完成・入居

O様に聞く!大京リフォーム・デザインを選んだ理由

住宅雑誌で見て相談しましたが、他社のプランに比べ、使いやすさ、見た目とも素晴らしいと感じました。細部の要望にもきめ細かく対応してくれる越川さんに、すべてお任せしようと決めました。

リフォーム前間取り
リフォーム後間取り
  • リビング・ダイニング:ダイニングの壁際には、ワークスペースとしてカウンターデスクを造作。この壁面はエコカラットタイルを貼ってアクセントにしている。
    窓に面してそれぞれ独立していた和室、洋室と室内中央のLD、キッチンを1つにまとめ、無垢材フローリングの明るいLDKに。
  • キッチン:梁の真下を避け、L字型のオープンなキッチンにした。カウンター部はコンロがないので、油除けの小壁の必要もなく開放感を出せた。
  • ウォークインクロゼット:LDKの入り口に、2畳半分のウォークインクロゼットを新設。家族の衣類や旅行カバンなどは、すべてここに収納できるようにした。
  • トイレ/洗面室/浴室:トイレは構造梁の反対側に移動。梁下の収納もつくった。洗面は広くなり収納も増えた。浴室もサイズアップ。
  • 和室:縁無し畳を敷いた和室は畳下収納のある小上がり。2室を続き間にした。LDK床から天井までの障子は手入れの簡単なアクリル和紙。
  • シューズクロゼット:シューズクロゼットと和室を隔てる壁の下部は、地窓で空いているため通風がいい。広くなった玄関には靴の他、アウトドア用品やベビーカーなどが置ける。
Case.03

Case.03日が差し風がそよぐ、リフォームで生まれ変わった部屋千葉県 Hさま邸(30歳代)

リビング・ダイニング
  • キッチン
  • 子供部屋

梁の問題も、細心なリフォームによって解決することができました。例えば寝室を仕切る吊り戸は天井から設置し、キッチンやダイニングの収納も梁を取り込みながら容量も充実させました。
短くした廊下には大きな玄関収納やウォークインクロゼットをつくり、壁面の凹凸をなくした分、トイレや洗面室も広くなっています。
また、雰囲気が一新したのが玄関横の子ども部屋です。以前は暗く、窓の結露にも悩まされていた部屋ですが、インナーサッシを付け、内装も明るく。カラフルなクロスや造作デスク、棚なども娘さんのお気に入りになりました。
工事前には設備探しにあちこちのショールームを回ったというご夫妻。

「好きなものを見つけては石川さんにうまく取り入れてもらいました。マンションはどの部屋も間取りも設備もほぼ同じですが、リフォームすれば生活の仕方や好みに合わせられます。おかげで今はとても快適。暮らしもすっかり変わりました」(奥さま)住まいへの愛着も一層増しました。

リフォームのポイント

リフォームデザイナー石川 直美

広々LDK+造作収納で開放感を

Hさま邸では、限られた面積の中で細かく仕切られていた部屋の壁を取り去り、たっぷりとしたLDKを設けるということが大きなポイントでした。納戸として使っていた部屋をLDKに組み込んだ分、生活動線に応じた造作収納も充実させています。またフローリングや建具、収納扉などに北欧調のホワイトオーク色を多用したことで、明るさと開放感を感じるデザインになったと思います。

  • Reform Data
  • 築年数:24年
  • 専有面積:約61m²
  • リフォーム工賃:1,197万円(税抜)
  • 工期:約1カ月半
  • 家族構成:3人
  • リフォームの流れ
  • 11月リフォームの
    検討を開始
  • 12月~翌年2月数社にプランと
    見積もりを依頼
  • 2~3月各社プラン
    の検討
  • 4月大京リフォーム
    デザインに決定
    ご契約
  • 5月細部の検討
    打ち合わせ
  • 6月~7月リフォーム工事
  • 7月下旬完成・入居

H様に聞く!大京リフォーム・デザインを選んだ理由

ホームページで石川さんを知り、その後、相談会で「エル・リフォーム」誌に載った過去事例も見ました。施工例がどれも素敵で細部まで洗練されていて、この人しかいないと決めました。

リフォーム前間取り
リフォーム後間取り
  • 子ども部屋:内装を全面的に変え、クロゼット、造作のデスクや棚を設置。開放廊下に面した窓はインナーサッシを付けて結露や寒さに対策している。
  • 玄関/廊下:たっぷりとした収納部を設け、身だしなみをチェックできるミラーや、エコカラットの装飾壁を設けている。以前はダイニング入り口まであった廊下を短く
    して、幅も整理し、洗面やトイレの面積も増やした。
  • ウォークインクロゼット:廊下には3面収納のウォークインクロゼットを新設。家族の衣類や季節もの、旅行・レジャー用品などはここに収納する。
  • 寝室:LDKKの一角が夫婦の寝室。2方向の吊り引き戸によって間仕切る。
  • リビング・ダイニング:窓辺に明るく広いリビングスペースを新設。壁面は全面収納にした。
  • キッチン:もとは独立型キッチンがあった場所を、ダイニングとリビングが見渡せるオープンカウンター式に。

豊富な知識と経験を持ったプランナーがご提案します。

Planner

お客さまがリフォームをしようと決めたからには、そこにはこだわりや理想があるはず。
では、お聞きしたご希望通りに設計するだけでいいのか? 私たちはそうではないと考えます。
顕在化しているニーズを大切にすることはもちろん、それ以上にお客様の将来を見据えてプラスアルファのプランニングをすることが必要です。
私たち大京リフォーム・デザインでは、経験豊かなプランナー陣がお客さま一人ひとりとじっくりお話させていただき、
それぞれのライフステージに合わせたご提案をさせていただいております。

リフォーム相談会 & イベントのご案内

リフォーム相談会&イベントについて
Event

首都圏のリフォームイベント

20170618_tokyo

6月4日(日)

最新水回りショールーム見学会(埼玉/川越)

場所:
TOTO川越ショールーム
  • 参加無料
  • 完全予約制

名古屋のリフォームイベント

-0527_LIXIL_水まわり_A3_4ol

5月27日(土) 〜 7月31日(月)

水まわりリフォームキャンペーン(愛知/名古屋)

場所:
LIXILショールーム名古屋
  • 参加無料
  • 完全予約制

大阪・広島のリフォームイベント

20170601_0731kansai

6月1日(木) 〜 7月31日(月)

TOTOショールームお見積りキャンペーン(関西地区)

場所:
TOTOショールーム各会場<大阪・箕面・枚方...
  • 参加無料
  • 完全予約制

ショールーム

東京ショールーム

東京ショールーム

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-19-18オリックス千駄ヶ谷ビル1階

名古屋ショールーム

名古屋ショールーム

愛知県名古屋市中区綿2-9-29 ORE名古屋伏見ビル

大阪ショールーム

大阪ショールーム

大阪府淀川区西中島4-6-20 中山産業ビル4F ソニオショールーム内

お問い合わせ

大京グループ「くらしサポートデスク」

リフォームのご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

0120-264-406受付時間 9:00~19:00(年中無休/年末年始を除く)

スタイル別リフォームプラン